オレンジチェリーシュリンプとブルーベルベットシュリンプの異色交配しました。

0 Comments
荻野トウギョ
オレンジチェリーシュリンプとブルーベルベットシュリンプを交配したらできたのが、こんなエビ。



109.jpg

110.jpg

111.jpg

大体、9割がレッドチェリーシュリンプで、1割がこれでした。
薄いブルーグリーンにオレンジが入ってます。
固定できたら素敵ですねー。個人的にかなり好みな色合いです。

先日オレンジルリーシュリンプを買ったので、こっちもブルーベルベットシュリンプと異色交配してみます。

blogranking.png

生存しています。

0 Comments
荻野トウギョ
大分放置してしまいました。

ちびちび、ふゆくん共に現在約1歳数か月ぐらいだと思われます。
だんだんと老化の兆しが見えてきました。



ふゆくんは日中は底で斜めになってじっとしていたり、暗い所にずっと頭を突っ込んでいたりします。
ゴハンもベタ用のものは粒が大きくて食べられなくなり、今はメダカ用の餌を食べています。
あまり泳ぐこともなくなり、泡巣も作らなくなり、ヒレが重そうで心配。

107.jpg

ちびちびは少し食欲が落ちた気がしますが、ふゆくんと比べるとかなり活発です。
大粒のゴハンも一口で数粒食べてしまいます。でも、ゴハンが水流で流れてしまうと上手く捕まえられなくなりました。
しょっちゅうフレアリングしています。

二匹とも共通してゴハンを食べるのがあまり上手でなくなって来たので、
今はゴハンの時はフィルターをオフにして、食べ終わるまで待っています。

blogranking.png

エビの再配分

0 Comments
荻野トウギョ
ちびちび宅とふゆくん宅のエビを全捕獲しました。



稚エビも大量に生まれ、どうやらエビを入れ過ぎていたようで、大量の糞で最近緑ゴケが増えてメダカも尾腐れ病に。
ちびちびとふゆくんは、まだコショウ病にはなっておらず一安心です(毎日水槽に顔くっつけて確認しています)。

と言う訳で、ひとまずエビ全捕獲。
今度は入れすぎないように気を付けて再配分します。

100.jpg

101.jpg

最近の水槽はこんな感じ。レイアウト下手過ぎて物置みたいです。

102.jpg

103.jpg

104.jpg

冬になると、就寝時はこんな感じにプチプチで防寒対策します。

105.jpg

blogranking.png

ごはんが楽しみすぎるおさかな達

0 Comments
荻野トウギョ
最近「どうぶつの森ポケットキャンプ」にうつつを抜かしており、更新が滞ってしまいました。
ベタっこ達は変わらず元気です。漫画も描かなきゃ。

私が水槽に近づくと、ごはんが楽しみすぎてこの位置から離れられなくなるおさかな達。



96.jpg

97.jpg

98.jpg

blogranking.png

阿波ふぶきメダカ

0 Comments
荻野トウギョ
私の好きなメダカ№1と言っても過言ではないメダカ。それが、なまず園さんオリジナル品種「阿波ふぶき」です。

91.jpg

92.jpg

ちょっと昔の写真で今はもういないのですが、このプチプチ粉ラメが良く出た個体は本当に美しいです。
何と言うか、透明な樹脂にラメが浮いているような、魅惑的な美しさです。
でもあんまり話題にならないんですよね。何でみんなこのメダカの魅力に気づかないんだー。
先日現物販売に良い粉ラメの子達が上がっていたのですが、もう無くなってしまいました。残念。
ブルータイプもあるようで、気になります。
うちにいる、深海と掛け合わせたあの子達みたいな感じなのでしょうかねー?

一緒にこんな写真も見つけたのでアップしておきます。

93.jpg

ふゆくんの先代ベタ・ふゆちゃん。やっぱり可愛いなぁ。

94.png

この子は小灰(しじみ)ちゃんと言います。
食後の水槽端から端までジョギングを欠かさない子でした。

blogranking.png

自作の体内青透明鱗メダカF3

0 Comments
荻野トウギョ
青い&透明鱗のメダカが欲しい!と思って探したのですがどこにも売っていなかったので、
深海と阿波ふぶきを掛け合わせたF3になります。

透明鱗になったらお腹の青さまでも薄くなってしまった感ですが、横に走る光る青い線が綺麗です。
期待していた阿波ふぶきの粉ラメ要素はどこかへ行ってしまいました。



86.jpg

87.jpg

88.jpg

89.jpg

90.jpg

blogranking.png